娘は2歳2ヶ月になった。

習い事に行った時のこと。
娘と同い年の子がチョコレートまみれの口で教室に入っていった。
その子は娘より5キロほど大きくぷくぷくしている。
その子のお母さんは、上に2人お兄ちゃんがいるから大変で下の子には甘やかしてしまって、大人しくしてほしい時にお菓子を与えちゃうの、という話をしていた。

私の母曰く
「上が何人いたって、生まれた子は何でも初めてなのは同じだからね」
です。

私は1人しか子供しかいないから、3人の子育ての大変さは想像するしかできない。
想像を絶するだろうな、、。

でもチョコレートまみれの口で、太ってしまっているその子を見てかわいそうに見えた。

そんなものなのかな。
そんなものなのかなー。


我が家の野菜や調味料などは大半が無農薬、有機、無添加だ。
娘のおやつも簡単なもの(ほんと簡単なやつ!!寒天とか!焼く系は年に数回、、。)で手作りしている。

これが嫌味に聞こえたりするのかな。
まだまだマイノリティだと言われるかもしれないが、やっと添加物離れになってきた日本(ほんと遅い)も、あと数年したらそれが当たり前になってくるはず。

いま無農薬や有機野菜を作ってくれる農家さんに私達がそれを買うことで(投資)、未来の子供達に安全な食べ物が行き渡りますように。

と思います。

まだ自分で食べ物を買えないなら、親が安全なものをあげられるチャンス、しかもそれは数年しかない。
大事にしたいな。

  • -
  • 23:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL : http://xx21013271xx.jugem.jp/trackback/249

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

★★★JUNKO WORLD★★★

ザ・インタビューズ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM