最近の娘。

寝る時にぐずる、忙しい時に足にしがみついて何もさせてくれない、オムツを替える時にぐずる。

そんな事は一歳半を過ぎた子どもには当たり前の事だった。

それなのに私はその週は必要以上にイライラしていた。
(産後の生理が安定してくる時にホルモンバランスが崩れやすいから無理をしないでね、と教えてくれた子育ての先輩に感謝です。まさにそれでした。)

その日の夜は娘がはしゃいで私に抱きつく時に頭突きをし、私の下唇から血が出た。
悪気は無いので、怒りはしないが、うずくまるほどの痛みであった。

その後寝かしつけの時に、音楽をかけるためにスマホを取り出したら、遊びたい娘はそれを奪い、振り回した時にスマホが私の下唇に強打。。

2回目はさすがに涙が出るほどの痛み。

これも悪気は無いので直接的には怒らないが、精神的にはイライラがピーク寸前!

そんな時に娘は寝たく無いと激しくぐずり、飲んだばかりのお茶をまたもってこいとわがまま放題、私はプツーンと何かがキレてしまった。

そして私はひたすら無言で、お茶を取りに行った。
ベッドに娘を残したら泣くのはわかっていたのに、早足でお茶を取りに行き、泣いて追いかけてくる娘を抱くこともせず、バタバタと歩きまわった後にベッドに戻った。

ずっと泣きながら追いかけて来た娘はベッドの前で転び、ベッドのフチに顔をぶつけ、下唇から出血していた。

なぜまた下唇。。
私だけでよかったのに。

さらに激しく泣きわめく娘、血が出ている口、私は血の気が引いて、抱きながら子ども救急の電話相談に電話をかけ、処置を聞き、今夜は怪我した箇所を冷やす事で落ち着いた。

娘はひとまず大好きなアニメを見ていたので泣き止み、血も止まっていた。
アイスクリーム型の薄い保冷剤を口にくわえさせて、ひたすら冷やした。

娘の涙は止まっても私の涙腺は崩壊していた。

ごめんね、ごめんね、と呟いて抱いた。
私がイライラしなければ、あそこで抱っこしてお茶を取りに行けば、、。
自己嫌悪の嵐。そして娘に目をやれば腫れた唇、歯茎。涙は止まらない。

その時に母に連絡したら、テレビ電話をくれた。
娘は電話に出て気が紛れた様子だった。
母に、「母業をやっていて自己嫌悪がない人なんていないよ。一日中1人で面倒見てるんだから、イライラする事があっても当たり前。」と言われて心が救われた。

火傷、誤飲、指をドアで挟む、などで無いから今回は仕方ないよ、口内はすぐ治るよ、と続けて励ましてくれて、母の偉大さに感動した。

次の日口腔外科に行き、ひとまず経過観察。
その次の日の口内はほぼ良くなり、歯も曲がることも無さそうだ。

私は自己嫌悪のストレスのせいか、呼吸が浅くなり胸が苦しい日が続いた。
たくさん深呼吸をした。
なんて情けないんだろう。

しかし今回の事で色々と考え直し、その後どんなにぐずられても全くイライラしなくなった。
丁寧に向き合って話せば、癇癪もおさまるし、元々泣かない子だから、手がかからなかったんだ。

向き合えば、娘はいつも素直に落ち着いてくれた。

今後また変化して行くことは覚悟の上だけど、ひとまず走り過ぎた今を立ち止まって見直す事が出来て良かった。

慣れて来た事、雑になっていたこと、娘の気持ち。

今後も娘の気持ちを最優先に、丁寧に、丁寧に向き合って行こうと思う。
ありがとうね。

  • -
  • 22:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL : http://xx21013271xx.jugem.jp/trackback/246

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

★★★JUNKO WORLD★★★

ザ・インタビューズ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM