あまりにも当たり前の事をいうが、味覚とは、人それぞれである。

それは、音楽のセンスとも良く似ている。味覚のセンス。

センス、または価値観の違いなので、誰も味音痴だとも思わないし、私がグルメだとも全く思わない。


ある日、有名なラーメン屋に夫と行った。並んでいたのでおとなしく並び、のち食べた。

一口目で驚愕!

ひどく塩辛く、喉が焼けるほど味が濃い!
ひたすら酢で薄めたら少しマシになったが、身体が悲鳴をあげそうだったので、半分以上残してしまった。
こんなに不味いラーメンを食べたのは生まれて二度目だ。(一度過去にあった、、)

だが!常連らしき身体の大きな男性客が店員と楽しそうに話していて、大盛りラーメンを平らげていた。

、、、どういうこと??

私のラーメンの味を失敗したのだろうか?いや、違うはずだ、一緒に行った夫も私と同じ苦しそうな反応を示していた。

別の日に、夫と老舗パスタ屋へ行った。
厨房では長いコック帽の年配のシェフ達がいる。ランチタイムでもドリンクもサラダもつかない1300円以上のパスタ。

期待できる。むしろ期待しかしない。




そしたら、、、

もんの凄く不味かったのだ。


クリームパスタはフォークを入れ、持ち上げたら皿中のパスタ全部が持ち上がるほどベタベタしていて塩気も強すぎる。
トマトパスタも麺が茹で過ぎでベトっとしていて塩気がこちらも強すぎる。

夫と私は、不機嫌になるどころか、もう笑ってしまうほどであった。
だって長いコック帽の年配のシェフ。
逆になんでこんなパスタ作れる!
ドッキリか!


というわけだが、あるお金持ちの知人がここのパスタを絶賛していたという話を聞いて、再度ひっくり返った。

そう、何度も言う。

味覚のセンスが違うだけだ。
ただそれだけである。。




  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://xx21013271xx.jugem.jp/trackback/227

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

★★★JUNKO WORLD★★★

ザ・インタビューズ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM